2014年11月16日

★目撃!ピーチ252便:異常降下事件の真相!(2014/05/08)旧ブログ閉鎖で保存移転

★目撃!ピーチ252便:異常降下事件の真相!(2014/05/08)旧ブログ閉鎖で保存移転
ピーチアニメ.gif←★画像をクリックすると那覇空港に進入する経路のアニメーションが開きます。
★ピーチ252便石垣発那覇行きエアバスA320―200型:4月28日(月)11:25頃、那覇空港のタクシープール、コーヒー休憩中。突然、ギャーンと異常なエンジン音、雲の中から現れた機体を目撃。職業柄、毎日の様に那覇空港に出入りして飛行機のエンジン音は聞き慣れている私です。★<ツイッターでVIERA TH-L42DT60 ‏@42DT60さんから:時刻は11:45と報道されてます。目撃した?時刻と20分も差があり変ですね?フライトレーダー24で見た航跡では那覇空港上空は飛んでいませんよ>と書き込みが有りました。正確な時間は記憶していません。目撃当初は記事にする積もりは無かったのですが、マスコミ報道と国土交通省の対応を見ていると、パイロットの誤魔化しで調査が終わるのではと考えて急遽、記事を纏めました。その際に時刻表の到着時刻を見て5分前としましたが遅れていた様です。(フライトレーダー24)アプリの件は荒唐無稽ですから無視します。<ここまで5/19追記>
目撃イメージ1.gif自衛隊のF-15イーグル戦闘機が頻繁に離陸する際の轟音は聞き慣れた金属音で(ガガガガ)或いは(ゴゴゴゴ)と聞こえますが、この時は全く聞き慣れない(ギャーン)という異様な轟音が聞こえました。
★驚いて音の方向、国内線ターミナルビルの方を見ると厚い雲の中から急上昇して来る紫色の機体が現れて南向けに高度を上げながら飛び去りました。管制トラブルで時々、見掛ける着陸反復の時は、一定高度を維持した儘でエンジン音も余り変化しませんが、このピーチ機は急上昇して来て戦闘機並の轟音でした。
目撃イメージ2.gif★その後のニュースを見ていると厚い雨雲で視界不良としても「スイカ割りのように、目隠しされても指示に従えば安全に進入できる」と表現するGCA(着陸誘導管制)を受けながら、一歩間違えれば海面に激突寸前の「重大インシデント」で有りながら、操縦していた機長の対応は不可解と言わざるを得ない。
★一番の問題はコックピット内の会話音声が記録されるボイスレコーダーが上書きされる2時間以上も、会社に報告せず、異常を知らせない儘で那覇から関空まで通常通り飛行した事である。結果的にトラブル発生時の記録が消滅し、証拠隠滅が疑われる。
目撃地点.gif複数の乗客が「急な気象の変化で着陸を見合わせた」と実際のトラブルと違うアナウンスがあったと証言。ピーチ社は「機長らはトラブルを認識していなかった」放送内容については「調査項目にあたるので詳細は話せない」と意図的な隠蔽を否定した。
★国土交通省運輸安全委員会の調査にも機長は管制官との無線交信を聞き違えた「降下指示」と勘違いしたと開き直っている様だ。この流れで行くと機長の悪質な証拠隠滅工作が黙認されて、今後もピーチ・アビエーション社の運行管理体制が改善されなければ、飛行機を利用する乗客の安全安心は確保出来ない。
降下地点.gif★偶然とはいえ、ピーチ252便の異常降下事件の現場に居 合わせ、ギャーンという異様な轟音を発して雲の中から急上昇して来た紫色の機体を目撃した私としては、今後の国土交通省運輸安全委員会の調査の成り行きを注視して行きたい。同時に私が知る範囲の情報を公開して何らかの参考になればと思い、ブログにアップする次第です。
<5月16日(金)追記>
★国土交通省運輸安全委員会:航空重大インシデントの概要
★国土交通省運輸安全委員会への問い合わせに対する返信。
運輸安全委員会事務局広報室と申します。5月13日に頂いたご意見について返信させていただきます。
緊急回避.gif★4月28日に発生しましたピーチ・アビエーション航空重大インシデントにつきましては、現在当委員会において調査中でございますところ、調査結果がまとまりました際は、事故調査報告書を当委員会ホームページにて公表させていただきますので、公表までしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。今後とも当委員会の活動にご理解賜りますようお願い申し上げます。
[登録日時] 2014年5月13日 18時39分52秒[内容区分] 航空関係[件名] ピーチ252便:異常降下事件[ご意見・お問い合わせ]
★国交省によると、同機は海面に異常接近し、地上接近警報装置が鳴動したが、機長と副操縦士はトラブルの認識がなかった。
上空通過.gif複数の乗客が「急な気象の変化で着陸を見合わせた」と実際のトラブルと違うアナウンスがあったと証言。国土交通省運輸安全委員会の調査にも機長は管制官との無線交信を聞き違えた「降下指示」と勘違いしたと開き直っている様だ。この流れで行くと機長の悪質な証拠隠滅工作が黙認されて、今後もピーチ・アビエーション社の運行管理体制が改善されなければ、飛行機を利用する乗客の安全安心は確保出来ない。
★偶然とはいえ、ピーチ252便の異常降下事件の現場に居合わせ、ギャーンという異様な轟音を発して雲の中から急上昇して来た紫色の機体を目撃した私としては、到底、容認出来ない。[お名前] 大城 勲
[メールアドレス] isao-pw@isao-pw.jp
着陸態勢1.gif着陸態勢2.gif着陸態勢3.gif着陸態勢4.gif着陸態勢5.gif着陸態勢6.gif★過去においても外国人の場合、権利意識が強く責任回避に悪知恵を働かす傾向が見られる。国土交通省運輸安全委員会が監督官庁としての責任を果たす上で、この様な思考傾向、行動様式に惑わされる事無く、適切な対応を望みたい。
<参照事項>
★あわや大惨事B737が爆発炎上!。
事故の経過を時系列で見ると中華航空機の機長が適切な判断を怠り脱出後にも1時間も所在不明となった事で消防士達が無用な危険に晒された事は明白で有る。
★10時35分頃にはパイロットを含む全員が脱出していた筈で有る。しかし、その後、パイロット二人とチーフパーサーが所在不明となって後の問題を引き起こす。
所在不明の乗員3名との情報で那覇市の消防隊は燃え盛る機内への捜索に向かう。
11時頃、最初の捜索活動で後方から支援の放水を受け乍ら300度の高熱の機内に突入するが誰も発見出来ず撤退。その後も繰り返し捜索活動で機内に突入し消防士の一人は重い熱中症に陥る。
★乗客、乗員が全員無事で有った事も奇跡的な幸運で有り、消防士が無用な危険に晒された事も含めて、これは航空安全法に照らしても重大な過失で有り二次災害への波及も考えると中華航空側の責任は極めて重大で有る。
<参照事項>
★「もく星号」事件の考察。
松本清張氏の遺作となった「1952年日航機撃墜事件」に付いて。
★KE007応答せよ!大韓機事件の真実。
出所不明の情報「全員無事」が後に「全員死亡」と暗転した。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★Facebook[Isao Ooshiro]
★Twitter[Ryukyuan.isao-pw@isao_pw]
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★2014/2/15から独自ドメイン取得で統合した私のサイトです。
★09年は琉球が薩摩に侵略され奄美五島を失い苦難の歴史が始まった1609年から400年、日本国に強制併合された琉球処分から130年目の節目の年でした。
琉球人の視点からは沖縄県民が昔の大琉球の誇りを取り戻す為には未だ暫くの時間が必要です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★私のメインテーマ琉球王国の歴史検証作業を再開しました。
◆尚王家の出自を巡る考察/其の壱
◆尚王家の出自を巡る考察/其の弐
☆この後は次回に続きます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
posted by Ryukyuan.isao-pw at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする