2014年11月16日

★自爆核施設を野放し!自衛隊は国を守れるか?(2011/11/29)旧ブログ閉鎖で保存移転

★自爆核施設を野放し!自衛隊は国を守れるか?(2011/11/29)旧ブログ閉鎖で保存移転
★福島原発災害で露見したハイテク自衛隊の弱点!
33年前(1978年)私が新聞に投稿した自衛隊は国を守れるか?国防論は現実的か?で指摘した命題は現時点に於いても、些かも解決されない矛盾、不条理として継続している。
自衛隊は国を守れるか1.gif★放射線防御能力を持たずに核攻撃、核テロに対処不能な重装備の不条理。東日本大震災では原発核関連施設が危機的状況に陥り、未曾有の国難とも言える非常事態となったが自衛隊が放射線防御装備を持たず、緊急事態に対応不能な事が明白となった。
★原発核関連施設がテロ攻撃の標的となる危険性を考えれば非常事態に国家と国民の安全を守るべき自衛隊が放射線防御装備を持たず、原発事故対応は本務では無いと危険な任務を消防に押し付けて隊員機材の投入にも及び腰に終始した。
自衛隊は国を守れるか2.gif★平時に於いては民間施設と見なして警備体制も不十分な原発、核関連施設のテロ攻撃に対する脆弱性と自衛隊の放射能汚染対応能力の欠如が露呈した事で、日本全国の原発、核関連施設は正に自爆用原爆1000発以上を無防備にテロ攻撃の標的として世界に知られる事になったと言える。
★福島原発災害では広島型原爆の20〜30倍の放射能汚染物質が放出されたと言う。出力100万KWの原子炉には原爆10発に相当する核物質が有ると言う。使用済み核燃料も含めて考えれば全国の54基の原発には原爆800発以上、六ヶ所村には3000トンの使用済み核燃料が貯蔵され原爆300発に相当する。従って現時点で少なくとも1000発以上の原爆を無防備に貯蔵しているに等しい驚愕すべき実態である。
国防論は現実的か1.gif★自衛隊は先般、離島地域への侵略を想定した防衛出動訓練と称して北海道から九州まで戦車部隊の大規模輸送を実施し、地対空ミサイルを含む激しい機動訓練を公開した。
彼等の想定する敵部隊の侵攻目的、攻撃目標、作戦戦術、部隊編成には、この国で最も防御が脆弱で国民を危険に晒し政府の統治能力を喪失させる原発、核関連施設へのテロ攻撃は想定外である。
★今時の戦争で通常兵器では世界第四位の戦力を有する自衛隊の存在する日本へ侵攻を謀る場合には、真っ先に想定されるのが核ミサイル攻撃であり、小規模編成のゲリラによる撹乱戦術である。国防論は現実的か2.gif日本国を混乱に陥れ国民に不安を煽る上で最大の成果が見込めるのが核テロ攻撃であろう。
★ハイテク装備の自衛隊は敵の地上部隊が混乱に乗じて大規模編成で上陸して来る迄、国民が放射能汚染で逃げ惑い、政府が統治能力を喪失する中で放射線被曝を避けながら待ち続けるのであろうか? 自衛隊の本務とは国民の命と安全を守り、政治経済の混乱を防ぎ、国家の統治能力喪失を阻止する事である。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★Facebook[Isao Ooshiro]
★Twitter[Ryukyuan.isao-pw@isao_pw]
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★2014/2/15から独自ドメイン取得で統合した私のサイトです。
★09年は琉球が薩摩に侵略され奄美五島を失い苦難の歴史が始まった1609年から400年、日本国に強制併合された琉球処分から130年目の節目の年でした。
琉球人の視点からは沖縄県民が昔の大琉球の誇りを取り戻す為には未だ暫くの時間が必要です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★私のメインテーマ琉球王国の歴史検証作業を再開しました。
◆尚王家の出自を巡る考察/其の壱
◆尚王家の出自を巡る考察/其の弐
☆この後は次回に続きます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
posted by Ryukyuan.isao-pw at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック