2014年11月29日

★アフガニスタン善意の人々★(2008/09/01)旧ブログ閉鎖で保存移転。

★アフガニスタン善意の人々★(2008/09/01)旧ブログ閉鎖で保存移転。
★伊藤和也さん無念★8月26日アフガニスタンで拉致殺害された非政府組織「ペシャワール会」伊藤和也さん(31)の理想に燃え迷う事無く善意の具現者として現地住民の為に身も心も尽くして来た彼の夢半ばで命を奪われた無念を想い彼の意志を引き継いでアフガニスタンに食料の自給出来る平和な暮らしが一日も早く訪れる事を祈念致します。
◆今回の事件に関しては断片的な情報でしか判断出来ませんが彼が殺されるに至った要因には幾つかの誤算が考えられます。
実行犯達は事前に伊藤さんの現地での役割、人柄なども知っており当初から殺害が目的では無く、拉致誘拐は身代金或いは政治的取引を狙っての犯行と思われます。
◆犯人グループは反政府ゲリラですがタリバンに直属する部隊では無く伊藤さんの身柄をタリバンに売り渡す事で反政府ゲリラとしての知名度昇格を期待していたのではと考えられます。或いは逆にカルザイ政権側と取引して身代金を要求するか。何れにしても伊藤さんの人柄から連行中に暴れる危険も無く山中を連れ回すのも楽だと考えた筈です。
★犯人側の誤算は地元の住民達が総出で伊藤さんを助ける為に山狩りに集まり山の向こう側の村人にも救出を呼び掛けた事で逃げ道を封鎖された為に伊藤さんを殺して村人達の注目を逸らせて逃げ道を求めたと考えられます。犯人側は外国人であり異教徒である伊藤さんを拉致誘拐しても村人達が総出で救出に出て来るとは想定外の出来事で山中に逃げ込めば伊藤さんを連れて脱出可能と考えた筈です。
◆伊藤さんが村人達から如何に信用され大切な人として自分たちで守らなければと思われていたかが結果的に最悪の事態を招いたのだと思います。
村から離れて安全な所に移動してから伊藤さんの身柄を取引材料にしてタリバンか場合によっては政府側との解放交渉を想定していたと考えられます。
◆タリバンの中枢部は事件当初、事態を把握出来ず沈黙していましたが事実が判明した時点で事件の評価に戸惑った様です。外国人は誰でもアフガニスタン国内にいる限り殺し続けるとの声明には反政府ゲリラ組織全体の戦意喪失を恐れて鼓舞する意味が読み取れます。米国の傀儡として打倒を目指すカルザイ政権の無能さを証明しタリバンこそアフガニスタンの正当な支配者であると主張する上でも、ここで弱みを見せれば今後の反政府闘争においてゲリラ勢力への国民の信頼が損なわれる。タリバンの行為は絶対的な正義であると言いたいのだと考えられます。
★ペシャワール会の歩み
ペシャワール会は中村哲医師のパキスタンでの医療活動を支援する目的で結成され1984年より現地活動を開始しました。 1986年よりアフガン難民への国内診療を開始、更にアフガニスタンにも活動範囲を広げ1991年12月アフガニスタン国内の活動拠点としてダラエ・ヌールに最初の診療所を開設。以来アフガニスタン北東部の3診療所を中心に山岳無医村での医療活動を続けています。
<以下は少し長くなりますがアフガニスタンの概略です。>
◆アフガニスタン/ウィキペディア(Wikipedia)より
1747年、イラン系遊牧民パシュトゥン人がアフシャール朝から独立して建国。
1842年、王家が分裂し分家が本家を滅ぼして王朝が交代しバーラクザーイー朝。
英国のインド支配下で実質的な植民地状態となる。
1919年、対英戦争(第三次アフガン戦争)に勝利し独立を達成。
★1973年、ムハンマド・ダーウード無血クーデターで国王を追放。共和制を宣言して大統領に就任。
1978年、軍事クーデター発生(四月革命)大統領一族が処刑され人民民主党政権成立。革命評議会発足。
◆1979年、ソ連軍のアフガン侵攻開始。親ソ連派のクーデターでアミン革命評議会議長を殺害しバーブラーク・カールマル(元)副議長が実権を握り社会主義政権樹立。
★ソ連軍撤退までの間、米国のCIAはソ連に対する抵抗運動を支援し、21億ドルを費やした。ムジャヒディーンと呼ばれたこの抵抗運動の兵士の中には20以上のイスラム諸国から来た20万人の義勇兵が含まれ、後にアルカイダとなるサウジアラビア出身のオサマ・ビンラディンもその一人。 
1989年、ソ連軍撤退。反ソ連ゲリラ(ムジャヒディーン)と政府軍の間で内戦が勃発。
1992年、ムジャヒディーンが攻勢、ナジーブッラー政権崩壊(その後ほぼ無政府状態)。 
1993年、ブルハーヌッディーン・ラッバーニー指導評議会議長が大統領に就任。 
1994年、内戦が全土に広がる。この年タリバンが急成長。 
◆1996年、タリバンが全土をほぼ掌握し実効支配。旧ムジャヒディーン勢力が反タリバンで一致し北部同盟となる。 
1998年、タリバンがアフガン全土をほぼ掌握。 
2001年、9月、北部同盟のアフマド・シャー・マスード司令官暗殺。
9月11日、アルカイダがアメリカ同時多発テロを起こす。
★10月、アメリカはその報復としてアフガンに侵攻する。
11月、カブール陥落。年末にタリバン政権崩壊。
12月、アフガニスタン主要4勢力、暫定政権発足とその後の和平プロセスで合意。
国連合安全保障理事会決議で国際治安支援部隊 (ISAF) 創設、カブールの治安維持にあたる。カルザイ暫定政権発足。 
2002年、ハーミド・カルザイを暫定大統領に選出。6月、移行政権発足。 
2004年1月、新憲法制定。 
◆2004年10月9日、初の大統領選挙。カルザイが当選、正式政権発足。
選挙を前にタリバンが再結成し、南部で武装蜂起。 
2005年、総選挙・州議会選挙実施。 
2006年、駐留軍の指揮権が北大西洋条約機構(NATO)に移譲される。
5月、タリバンの攻勢強まる。7月、ISAF南部展開。10月、ISAF東部展開、計13000人がアフガニスタンに駐留。
政治勢力として有力なのは、北部同盟のイスラム協会(タジク人中心)ウズベク人勢力のイスラム民族運動、ハザラ人主体のイスラム統一党。パシュトゥーン人による旧政権勢力タリバンの反政府活動も存在。
★アフガニスタンの歴史、政治、部族関係を概観して思う事は正に複雑怪奇の一言。
<追記>中東では戦争をしない国として信用されて来た日本も自衛隊が米軍と連動して動けばテロの標的として日本人も危険に晒される!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★どうする普天間?あらゆる選択肢を徹底検証!(再掲)
★安倍首相と天皇家のルーツ(OCNブログ人)2006/10/03<追記有り>
★琉球人は日本列島の先住民族!自己決定権は最大限に尊重すべき(国連人権委員会)
★防衛大臣はオスプレイを過大評価するな!事実を直視すれば導入は間違いだ!
★欠陥機オスプレイの自衛隊配備は間違いだ!隊員の命を危険晒す責任は誰が負う!
★オスプレイは何故、歪な異形の欠陥機になったのか?海兵隊の無理な要求が奇形の原因だ!
★オスプレイは進化した未来機では無い!歪な未完成の欠陥機を何故に評価するのか?
★オスプレイ安全神話捏造に加担した沖縄タイムス!(2012/09/28)旧ブログ閉鎖で保存移転
◆金武町米軍流弾事件の考察!(2008/12/22)旧ブログ閉鎖で保存移転。
★誰も書かない東村高江区の生き地獄!凝縮された日米同盟の不条理!(2010/12/25)旧ブログ閉鎖で保存移転。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★Facebook[Isao Ooshiro]
★Twitter[Ryukyuan.isao-pw@isao_pw]
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★2014/2/15から独自ドメイン取得で統合した私のサイトです。
★09年は琉球が薩摩に侵略され奄美五島を失い苦難の歴史が始まった1609年から400年、日本国に強制併合された琉球処分から130年目の節目の年でした。
琉球人の視点からは沖縄県民が昔の大琉球の誇りを取り戻す為には未だ暫くの時間が必要です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★私のメインテーマ琉球王国の歴史検証作業を再開しました。
◆尚王家の出自を巡る考察/其の壱
◆尚王家の出自を巡る考察/其の弐
☆この後は次回に続きます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
posted by Ryukyuan.isao-pw at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラム教徒と日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★伊藤和也さん殺害事件の考察(2008/09/08)旧ブログ閉鎖で保存移転。

★伊藤和也さん殺害事件の考察(2008/09/08)旧ブログ閉鎖で保存移転。
★伊藤和也さん無念★8月26日アフガニスタンで非政府組織「ペシャワール会」伊藤和也さん(31)が拉致殺害された事件に付いて現時点で判明している情報を元に考察してみたいと思います。
◆アフガニスタン警察当局は拘束された犯人グループの一人を取り調べ、供述した内容としてパキスタンの情報機関が事件に関与し日本人技術者の拉致誘拐に多額の報酬を約束したと恰も事件を主導した様な情報が報道されています。
しかしパキスタンの情報機関には伊藤和也さんを拉致誘拐する目的、動機が存在しません。
◆アフガニスタンとパキスタンは山岳地帯にパシュトーン人の部族居住区で政府権力の及ばない地域が両国の国境を跨いで存在します。未確認情報に依ればタリバンの最高指導者ムハンマド・オマルは米軍の攻撃で政権崩壊後は山岳地帯に身を潜めてタリバンの指揮を執っていると言われています。
◆アフガニスタン政府の見解では北部山岳地帯でタリバンとパキスタン情報機関が結び付いているとしていますが現実的には有り得ない構図だと思います。
パキスタンは英国統治下のインドから独立した国でイラン系遊牧民のパシュトーン人が興したアフガニスタンとはイスラム教に対する対応に違いが有ります。
★パキスタンの情報機関は米国のCIAとの関係が深く長年に亘りアフガニスタンへの内政干渉を行って来た事でアフガニスタンでは知られています。ソ連軍支配下ではCIAからの資金提供を受けてイスラム諸国からのムジャヒディーン義勇兵を募ってアフガニスタンへ送り込む働きに大きく関与していました。
◆しかしソ連軍が敗退しタリバン政権成立後はイスラム原理主義の拡大を警戒してタリバン政権とは対立する関係となり米国のアフガニスタン攻撃を側面から支援する役割を果たしました。従って現在のカルザイ政権を混乱させる行動を起こすとは思えません。
◆今回の事件で犯人グループがタリバンの最高指導者ムハンマド・オマルからの指令で動いたとすれば事件の構図は極めて分かり易いですが私にはどうしても納得し難い疑問が残ります。
アフガニスタン国内に駐留する国際治安支援部隊(ISAF)のゲリラ壊滅作戦で子供を含む多数の民間人が犠牲になっている現状からタリバンが外国人排斥に動くとしても戦争で荒れ果てた農地を復元する為に現地に溶け込み住民から慕われていた伊藤和也さんを拉致誘拐するとは思えません。
★今回の事件は思慮の浅い犯人グループが短絡的な思い込みで伊藤和也さんを拉致誘拐して身代金と売名行為を目的に実行した暴走です。外国人の異教徒誘拐に彼等は想定外の思い掛けない住民総出の山狩りで逃げ場を失いに混乱した犯人が逃げる為に慌てて伊藤和也さんの足を撃って崖から突き落とした結果、両手を縛られていた伊藤さんは転落する途中で岩に頭を打って命を失ったと考えられます。
状況判断が出来ず後先も考えず短絡的に犯行に及び自分たちが逃げる為に伊藤さんの命を奪った犯人達への怒りを禁じ得ません。
◆アフガニスタンのカルザイ政権は反政府ゲリラの横行と国際治安支援部隊(ISAF)に因る非武装住民殺害が繰り返され治安維持能力に欠ける政府への国民の不信不満を逸らせる為にパキスタンの情報機関が事件に関与しているかの如く情報操作をして自らの責任を逃れようとしているのです。
◆伊藤さんの無念の死に報いる為には犯人グループの拘束と背後関係の徹底的な調査で犯行目的と当時の現場の状況の具体的な解明が必要ですがアフガニスタンの現状では困難かも知れません。
★繰り返しますが犯人側の誤算は伊藤さんを助ける為に地元の住民達が総出で山狩りに集まり山の向こう側の村人にも救出を呼び掛けた事で逃げ道を封鎖された事です。
伊藤さんは死に至る直前まで犯人グループに反抗もせず彼等を信じて急峻な山道を両手を縛られたままで歩いて行きました。村人達が救出に後を追って来る事も知っていた筈です。伊藤さんが村人達から如何に信用され大切な人として自分たちで守らなければと思われていた事が結果的に最悪の事態を招いたのです。
<追記>中東では戦争をしない国として信用されて来た日本も自衛隊が米軍と連動して動けばテロの標的として日本人も危険に晒される!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★どうする普天間?あらゆる選択肢を徹底検証!(再掲)
★安倍首相と天皇家のルーツ(OCNブログ人)2006/10/03<追記有り>
★琉球人は日本列島の先住民族!自己決定権は最大限に尊重すべき(国連人権委員会)
★防衛大臣はオスプレイを過大評価するな!事実を直視すれば導入は間違いだ!
★欠陥機オスプレイの自衛隊配備は間違いだ!隊員の命を危険晒す責任は誰が負う!
★オスプレイは何故、歪な異形の欠陥機になったのか?海兵隊の無理な要求が奇形の原因だ!
★オスプレイは進化した未来機では無い!歪な未完成の欠陥機を何故に評価するのか?
★オスプレイ安全神話捏造に加担した沖縄タイムス!(2012/09/28)旧ブログ閉鎖で保存移転
◆金武町米軍流弾事件の考察!(2008/12/22)旧ブログ閉鎖で保存移転。
★誰も書かない東村高江区の生き地獄!凝縮された日米同盟の不条理!(2010/12/25)旧ブログ閉鎖で保存移転。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★Facebook[Isao Ooshiro]
★Twitter[Ryukyuan.isao-pw@isao_pw]
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★2014/2/15から独自ドメイン取得で統合した私のサイトです。
★09年は琉球が薩摩に侵略され奄美五島を失い苦難の歴史が始まった1609年から400年、日本国に強制併合された琉球処分から130年目の節目の年でした。
琉球人の視点からは沖縄県民が昔の大琉球の誇りを取り戻す為には未だ暫くの時間が必要です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★私のメインテーマ琉球王国の歴史検証作業を再開しました。
◆尚王家の出自を巡る考察/其の壱
◆尚王家の出自を巡る考察/其の弐
☆この後は次回に続きます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
posted by Ryukyuan.isao-pw at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラム教徒と日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

★平成の小沢一郎と明治の江藤新平!(2011/04/27)旧ブログ閉鎖で保存移転。

★平成の小沢一郎と明治の江藤新平!(2011/04/27)旧ブログ閉鎖で保存移転。
★国民主権を希求する遙かなる道程!
鳩山由紀夫政権.gif明治維新後の新政府に於いて近代的な司法制度の確立に心血を注いだ江藤新平は佐賀藩の下級氏族に生まれ、戊辰戦争で時流に乗り遅れた佐賀の藩論を転換させて当時の最先端兵器であるアームストロング砲を有していた佐賀藩の軍事力を官軍(薩長土)側に動員して徳川幕府側の上野彰義隊制圧に威力を見せ付けた。
★明治5年4月司法卿(法務大臣)に就任し司法省の規範として「方正廉直」司法機関は官庁より不当な迫害を受けた人民の保護、救済こそ本務と心得、民の司直たるべきと明言し、フランス共和制法制をモデルに民権尊重に不可欠な司法の独立、裁判の公開、三権分立の法制確立を説いた。
★新政府内で傍若無人の長州閥の利権を糾弾し山県有朋、井上馨を追い詰めるが、新政府の安定に官僚制度の構築こそ急務と考える大久保利通と相容れず明治6年、西郷隆盛と共に下野する。司法卿在任は僅か1年で稀代の天才、江藤新平が構築した人民の為の司法制度は官僚機構の支配下で官尊民卑の国家社会主義へと変質した。
菅直人政権1.gif★不平氏族の佐賀の乱に加担し首謀者として捕縛された江藤新平を反政府勢力の危険人物視した大久保利通は江藤新平が整備した近代法制度を強権でねじ曲げて中国の法律を適用して国家反逆罪で梟首刑として反政府勢力への威嚇に利用する。
正にこの時から万民平等、民権尊重、弱者保護の為の公正な司法制度は国家国体護持権力側の支配手段へと変容した。
★民権弾圧の治安維持法、思想統制、大政翼賛体制、報道管制、大本営発表に翻弄された末に、祖国から海外の前線へ送られた兵隊は敵地で兵站を断たれた飢餓戦線を彷徨い、欲しがりません勝つまでは、と銃後の守りに耐えた国民は無差別爆撃と広島、長崎に原爆を受けての敗戦、正に有史以来の未曾有の国難であった。
菅直人政権2.gif★米軍占領下で旧体制の支配階層追放、財閥解体、自由平等人権尊重の民主主義実現へと平和憲法草案が提示されるが、毛沢東率いる中国共産党政権誕生、朝鮮戦争勃発を受けて米国の理想主義は形骸化し共産勢力封じ込め戦略への日米同盟(対米従属)路線へ転換し、米国傀儡政権安定化へ民主化弾圧に転じる。
★昭和27年の占領解除後も実質的に米国支配下に置かれて民主主義は形骸化した中でも経済成長で年々、豊かになる生活が国民の不満を逸らし、従順な国民性が体制順応に安んじ、官僚主導の国家社会主義体制で既得権益利権集団に支配された不思議な国となった。
★経済一流、政治は三流と言われ、無能な世襲政治家が跋扈する中で真実に目覚めて体制変革を志す人物は既得権益利権集団の意向で司法権力に圧殺され続けて来た。
日本国憲法が謳う「規定の諸権利」は国民が不断の努力で守る必要は、司法権力に封じられマスコミのマインドコントロールで隠蔽されて来た。
野田佳彦政権.gif★少子高齢化で経済成長の歩みが衰え官僚機構に因る積年の放漫財政と、米国主導の新自由主義と言う名の経済グローバル標準化に雇用の流動化、弱者切り捨てで対応する経済界の責任放棄で貧富の格差拡大、財政均衡への増税と国民は困窮している。
★昭和から平成に変わって20年余、日本国民は曾ての一億総中流と呼ばれた経済大国の豊かさから遠ざかり年々暮らしは貧しくなり、心身ともに疲れて無気力で生きる希望を見失って社会規範も乱れて来た。
★この様な時勢を憂慮し政治家として国民主権の民主革命を志し、政治主導の体制変革、真の民主主義実現に拠る平成維新に命を懸けて来た国士「小沢一郎」は自民党離党以来20年余、艱難辛苦の末に悲願の政権交代を成し遂げた。
★しかし既得権益利権集団の意向を受けた特捜検察の執拗な妨害と検察に捏造された冤罪疑惑を煽るマスコミにマインドコントロールされた国民は平成の世直しを計る国士「小沢一郎」を支持せず、既得権益利権集団に取り込まれた稀代の嘘吐き、抱き付き詐欺師「菅直人」一味の政権乗っ取りを後押しした。
政界勢力図.gif★無能な詐欺師集団「菅直人」一味は民主党の政権公約を尽く放棄し、民主党内の良識派を排除し、無能な一味が結託して既得権益利権集団の意向に添った弱者切り捨ての官僚主導の増税路線に踏み込み選挙の度に惨敗を重ねて政権崩壊は目前に迫っていた。
★正に菅直人一味が断末魔と言うべき局面に東日本を未曾有の大災害が襲った。街が村が大地震と大津波で根刮ぎ破壊され死者不明者2万6千名(27日現在)被災者総数20万余名に及ぶ事態となった。
★被災者の救援、捜索、生活支援が急務とされる時に無能な菅直人は福島原発の非常事態で混乱する現場に乗り込んで初期対応を妨げる致命的な誤りを犯して原発暴走を引き起こし、放射能汚染で被災者の苦難に追い打ちを掛け、原発沈静化収束の目処も立たず、行方不明者捜索も困難な事態を招来した。
爆心地300km圏内.gif★放射能汚染拡散の実態を隠蔽して世界から不信を買い、先進国日本とは信じ難い無様な対応は世界から非難され農産物、海産物から工業製品に至る迄、日本製は放射能汚染を疑われて経済活動をも阻害している。
★今、正に国家存亡とも言える危機に直面して無能な菅直人一味が政権に留まる事は国家と国民の不幸であり、生命財産に危害を及ぼす疫病神である。
今や国民と政治家が総力を挙げて菅直人一味を政権から追放しなければ日々刻々と被害の拡大は止まらない。
★この非常時に財政均衡とか財源論は机上の空論である。国民の命と生活を守る事こそ政治家の最優先すべき責務であり、平時の行政手続き些末な責任確認などに時間を浪費せず超法規的措置こそ正道である。
★心有る政治家は事態収束に命を懸けよ!造反有理!国難克服!平成維新の志士となれ!<追記>遺憾ながら予測は最悪の方向に外れて右翼反動の安倍晋三政権の復活を許した。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★どうする普天間?あらゆる選択肢を徹底検証!(再掲)
★安倍首相と天皇家のルーツ(OCNブログ人)2006/10/03<追記有り>
★琉球人は日本列島の先住民族!自己決定権は最大限に尊重すべき(国連人権委員会)
★防衛大臣はオスプレイを過大評価するな!事実を直視すれば導入は間違いだ!
★欠陥機オスプレイの自衛隊配備は間違いだ!隊員の命を危険晒す責任は誰が負う!
★オスプレイは何故、歪な異形の欠陥機になったのか?海兵隊の無理な要求が奇形の原因だ!
★オスプレイは進化した未来機では無い!歪な未完成の欠陥機を何故に評価するのか?
★オスプレイ安全神話捏造に加担した沖縄タイムス!(2012/09/28)旧ブログ閉鎖で保存移転
◆金武町米軍流弾事件の考察!(2008/12/22)旧ブログ閉鎖で保存移転。
★誰も書かない東村高江区の生き地獄!凝縮された日米同盟の不条理!(2010/12/25)旧ブログ閉鎖で保存移転。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★Facebook[Isao Ooshiro]
★Twitter[Ryukyuan.isao-pw@isao_pw]
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★2014/2/15から独自ドメイン取得で統合した私のサイトです。
★09年は琉球が薩摩に侵略され奄美五島を失い苦難の歴史が始まった1609年から400年、日本国に強制併合された琉球処分から130年目の節目の年でした。
琉球人の視点からは沖縄県民が昔の大琉球の誇りを取り戻す為には未だ暫くの時間が必要です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★私のメインテーマ琉球王国の歴史検証作業を再開しました。
◆尚王家の出自を巡る考察/其の壱
◆尚王家の出自を巡る考察/其の弐
☆この後は次回に続きます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
posted by Ryukyuan.isao-pw at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする