2016年12月23日

★オスプレイ名護市安部墜落事故の考察!

★オスプレイ名護市安部墜落事故の考察!
12月13日(火)夜間訓練中のオスプレイが名護市東海岸の安部集落近くに墜落した事故に付いて米軍のニコルソン中将(4軍調整官)は空中給油後に給油機のホースにオスプレイのローターが接触して切断、ローターが破損した結果、飛行が困難となり、キャンプシュワーブを目指したが安部集落に接近した為、パイロットの判断で浅瀬に着水し民間地域への被害を防いだ。彼の行動は賞賛されるべきであると発言した。
★ニコルソン中将は叩き上げの軍人であり、長い軍歴の中では極めて困難な局面でも精神力で乗り越えて来た自負が滑空能力.gifあろう。海兵隊司令官としては部隊を運用するに際して厳しい訓練が能力を最大限に発揮する為に必要であり、自らの経験に照らして困難な局面を打開する唯一の方法だと信じている。
★彼にはオスプレイが極めて特殊な機材であり不安定な姿勢制御にコンピュータが関与してパイロットの操作に優先する事が理解出来ない。過去の経験に照らして訓練を積み重ねれば兵士の能力は向上して、軍の作戦に必要な機能が発揮出来ると信じて疑わない。

★しかし過去ログで詳しく書いて来た様にオスプレイは構造的に極めてバランスが悪く、パイロットの技量が優れていても制御不能に陥る危険性が高く、コンピュータ制御が優先する事で飛行の安定を保っている。

諸元比較図.gif★開発段階を含めての事故多発で当初に海兵隊が求めた機能を満たせない不完全な状態で運用されている。輸送機としての積載能力、重量物の搬送能力、長距離移動の航続距離の何れも自衛隊のCH-47に較べれば劣る。唯一の長所は固定翼モードでの高速移動である。
★この弱点を補う為の短距離離着陸(STOL)にはローターを傾斜させての滑走は制御が困難であり、封印されて来た。空中給油もヘリモードの最高速度185kmでは給油機に追尾出来ず、固定翼モードでは失速限界の205kmに近い250km程度では姿勢制御が極めて不安定な速度である。
★固定翼モードで安定的な飛行が可能な速度は巡航速度の446kmに近い300km程度が望ましいが、給油機との連携で作業が困難である。部隊を運用するニコルソン中将から見ればオスプレイもヘリの一種であり、従来の運用が可能な筈だと考えている。空中給油1.gif
★何よりも困った事は部隊の主力がオスプレイに変更されCH-53も近々、運用を停止する予定である。従って司令官としてはオスプレイの能力を最大限に活用しなければ部隊としての任務を遂行出来ない。記者会見での彼のいらだちは与えられた任務遂行にオスプレイが充分な機能を満たせない事にある筈だ。
★今後ともニコルソン中将としては任務遂行の為に厳しい訓練をオスプレイに要求する筈であり、空中給油も再開する筈である。この司令官の認識とオスプレイの構造的な欠陥、従来のヘリとは異なるコンピュータ制御に頼らなければ安定飛行が不可能な特殊性の落差が事故の危険性を高める恐ろしい予感がする。

★さて問題の今回の事故を考察して見よう。沖縄本島北部から30kmの海上で、ゆっくり右に旋回中の空中給油機からCH-53と共に給油を受けていたオスプレイは最も不安定な速度250km前後で飛行を強いられている。給油機との連結を解除した際にバランスを崩し風に煽られる。
空中給油3.gif
★姿勢制御の為にコンピュータは自動的に加速態勢を取る。この時給油機との距離が接近して右側ローターがホースと接触して切断、ローターが破損する。元々が重い機体を小径ローターの高速回転で浮上させているオスプレイは破損したローターではヘリモードの飛行は不可能である。
★固定翼モードでも破損したローターではフルパワーは掛けられず不安定な飛行を強いられる。パイロットは最悪の事態を予測して救助態勢に期待できるキャンプシュワーブを目指す。大浦湾に着水すれば迅速な救助が期待出来る。
トラブルから墜落まで.gif★しかし右ローターが破損した機体は右へ右へと進路が傾き目標の大浦湾から北側へとルートがずれて行く。既にこの時、失速寸前でコースを変える余裕は無い。陸地を目前にして自ら浅瀬に着水する以外の選択肢は無く、無残な結果を招いたのである。

国防研究所(IDA)でオスプレイの主任分析官を務めたレックス・リボロ氏は「回転翼モードで補給することができない事実は、予期されなかった航空機の欠陥である」と述べ、オスプレイの新たな構造的欠陥であると指摘。同じような墜落事故が再び発生すると強調した。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★安倍首相と天皇家のルーツ(OCNブログ人)2006/10/03<追記有り>
★琉球人は日本列島の先住民族!自己決定権は最大限に尊重すべき(国連人権委員会)
★防衛大臣はオスプレイを過大評価するな!事実を直視すれば導入は間違いだ!
★欠陥機オスプレイの自衛隊配備は間違いだ!隊員の命を危険晒す責任は誰が負う!
★オスプレイは何故、歪な異形の欠陥機になったのか?海兵隊の無理な要求が奇形の原因だ!
★オスプレイは進化した未来機では無い!歪な未完成の欠陥機を何故に評価するのか?
★オスプレイ安全神話捏造に加担した沖縄タイムス!(2012/09/28)旧ブログ閉鎖で保存移転
◆金武町米軍流弾事件の考察!(2008/12/22)旧ブログ閉鎖で保存移転。
★誰も書かない東村高江区の生き地獄!凝縮された日米同盟の不条理!(2010/12/25)旧ブログ閉鎖で保存移転。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★Facebook[Isao Ooshiro]
★Twitter[Ryukyuan.isao-pw@isao_pw]
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★2014/2/15から独自ドメイン取得で統合した私のサイトです。
★09年は琉球が薩摩に侵略され奄美五島を失い苦難の歴史が始まった1609年から400年、日本国に強制併合された琉球処分から130年目の節目の年でした。
琉球人の視点からは沖縄県民が昔の大琉球の誇りを取り戻す為には未だ暫くの時間が必要です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★私のメインテーマ琉球王国の歴史検証作業を再開しました。
◆尚王家の出自を巡る考察/其の壱
◆尚王家の出自を巡る考察/其の弐
☆この後は次回に続きます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ラベル:空中給油
posted by Ryukyuan.isao-pw at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

★普天間基地問題の真実/政府の嘘に騙されるな!。

★普天間基地問題の真実/政府の嘘に騙されるな!。
★<普天間基地の成り立ち>
戦前の宜野湾村中心部に位置し、琉球王国時代に浦添から越来(沖縄市)に至る重要官道(国道)として整備された松並木街道沿いに村役場、国民学校、郵便局、商店が建ち並び、沖縄では珍しく平坦な高台の広大な農地が広がっていた。
戦前の普天間基地.gif★1945年米軍占領下に日本本土攻撃の為に陸軍工兵隊が松並木街道沿いに滑走路造成を始める。日本が無条件降伏した8月15日以後も造成工事は進行し、住民の帰還は許されず。
★<ハーグ陸戦条約>一部引用
第46条:家の名誉及び権利、個人の生命、私有財産ならびに宗教の信仰及びその遵行を尊重しなければならない。私有財産は没収できない。
第53条:一地方を占領した軍は、報道の伝送または人もしくは物の輸送の用途に提供される一切の機関、貯蔵兵器、その他各種の軍需品は、私人に属するものといえどもこれを押収することができる。但し平和克復後にこれを還付し、かつこの賠償を決定しなければならないものとする。
第54条:占領地と中立地とを連結する海底電線は、絶対的に必要ある場合でなければこれを押収し、または破壊することはできない。海底電線は平和克復に至ってこれを還付し、かつこの賠償を決定しなければならないものとする。
★上の規定に依れば日本降伏後の基地造成は違法で有り、私有地の強制接収は日本との戦争目的以外には許されず、戦争終結後には返還し損害賠償が求められる。
★沖縄の占領を継続した米軍の認識では朝鮮戦争、ベトナム戦争も含めて戦時下と考えたとしても、1972年施政権返還に際して、私有地を強制接収した普天間基地は無条件で返還、解放されるべきであった。
★日米安保条約の為に日本政府の都合で継続使用が必要であれば、土地所有者の同意と逸失利益の賠償、基地から派生する騒音、危険、米兵の犯罪など生活環境への影響を可能な限り抑制する万全の対策を講じる責任を果たすべきだ!。
岐阜から沖縄1.gif★<第三海兵師団の移駐>
昭和30年代、朝鮮戦争の後方支援任務で岐阜、愛知、山梨県に駐留していた第三海兵師団は日本国内の反米感情を沈静化の為に、米軍占領下の沖縄に移駐した。
★1957年4月-陸軍から空軍へ管理を移管。1960年5月-空軍から海兵隊へ移管。1969年11月4日-海兵航空団が司令部を本飛行場に移設。1976年10月-ベトナム戦争終結後の海兵隊再編に伴い、上級司令部が岩国よりキャンプ・バトラー(中城村)に移駐。
岐阜から沖縄2.gif★沖縄に移駐した第三海兵師団はベトナム戦争に対応するジャングル戦訓練施設を北部訓練場に、実弾砲撃訓練施設、M2重機関銃実弾射撃訓練施設をキャンプハンセンに次々と配置して実戦訓練を開始。更にはテロに対応した都市型訓練施設も構築する。
★頻発する米兵犯罪への沖縄県民の怒りを沈静化する為に、日米合同委員会は実弾砲撃訓練を日本本土の5カ所に巡回分散して実施する事になったが、M2重機関銃実弾射撃訓練、ヘリ及びオスプレイからの物資投下訓練、パラシュート降下訓練、兵士の吊り下げ飛行訓練などは全て従来通り継続している。
★<普天間基地返還に関するSACO合意>
★<米軍は辺野古の施設に於いて戦闘機の運用を想定せず>
普天間基地返還に伴い名護市辺野古に新設される滑走路の長さは1300m。これはヘリ部隊と連動するKC-130空中給油機の運用に適合。その他の米軍の運用に必要な機能は既存の米軍施設で対応する。

SACO合意.gif★<99年、沖縄県と名護市の受け容れ条件>
SACO合意の辺野古移設計画に付いて、99年当時の稲嶺恵一県知事と岸本建男名護市長は米軍基地の恒久化に反対する立場を明確にした上で、日米両政府に対して「15年使用期限」「基地使用協定に依る運用機種の制限」を条件として受け容れを表明した。
★名護市民投票での反対多数を覆しての受け容れ表明に苦悩した岸本建男が病に倒れた後を受けて06年、名護市長となった島袋吉和は地元土建業界の工事受注を見込んで埋立面積巨大化を推進し、岸本建男が求めた受け容れ条件を放棄した。
基地面積比較.gif★風向きで飛行経路を集落から避けるという屁理屈に乗じた防衛省は、V字型2本の1600m滑走路にして、SACO合意の1300m滑走路から敷地面積を3倍以上に拡大した。防衛省の狙いは米軍から求められていた、積年の課題である空母艦載機の訓練施設の建設である。
★神奈川県厚木基地から山口県岩国基地への空母艦載機部隊の移転には夜間離着艦訓練は実施せずと受入条件が明記されている。防衛省が普天間基地の辺野古移設を何が何でも日米合意として強引に推し進める隠された真意は空母艦載機の夜間離着艦訓練施設確保である。
辺野古V字の原点.gif★沖縄県外では事実上制限される米軍訓練が、日常的に米軍の都合だけで全て容認されて来た沖縄では、地元の合意など全く無視して米軍の意向に従うのが日本政府の基本姿勢だ。人口密集地に囲まれた普天間、嘉手納に較べれば辺野古は米軍には制約の少ない楽園だ。
★SACO合意で明記された「米軍はこの施設での戦闘機の運用を想定せず」を現時点で否定せずに辺野古移設を実現した上で合意見直しに乗り出す事が、日米実務担当者間では暗黙の了解事項である。従って如何なる事があっても辺野古移設以外の選択肢は排除されるのだ。
辺野古詳細図.gif★稲嶺恵一の後継となった仲井真弘多は通産官僚出身で、政府側の手の内を知り尽くして、のらりくらりと見事な交渉手腕を発揮して来たが、2013年12月になって突然豹変し、環境保全に極めて問題の有る辺野古地先埋立計画を承認してしまった。
★その際に仲井真弘多が言い訳としたのが、普天間基地の危険性除去の為に政府が「5年以内の運用停止」を約束した。安倍晋三総理の言葉だと言う!。
★しかし政府は「5年以内の運用停止」に付いて誰も約束した覚えは無いと言う。政府が繰り返す辺野古移設が唯一の解決策で有るならば普天間基地は最短でも今後10年は世界一危険な状態が継続するのだ!
辺野古広域図.gif★沖縄は戦後70年、72年施政権返還後にも43年に及ぶ米軍基地の過重な負担に苦悩して来た。アジアに近い沖縄の地理的優位性は近年、経済的発展を続けるアジア諸国との連携を活かして飛躍の時代を迎えている。最早、基地依存経済から脱却して平和産業である観光地として世界に知られて来た。
★米軍基地は沖縄経済の最大の阻害要因であり、国土面積の0.6%に在日米軍施設の74%が存在する異常な状況を放置する日本政府の無責任は許されないのだ!現在の第三海兵師団の主戦場は沖縄から遙かに離れた中東、北アフリカであり軍事的にも沖縄に居続ける必然性は存在しない。
抑止力とは.gif★政府が言う中国、北朝鮮の脅威から考えても中国沿岸から600km、北朝鮮から1300kmと沖縄に存在する事自体が極めて防御面で脆弱な事は軍事上の常識である。
それでも尚、米軍が沖縄に居続ける理由は広大な訓練施設の存在であり、治外法権的無制限な自由使用を容認する地位協定に有る。
★日本政府が主権国家としての気概を取り戻せば沖縄の基地問題は解決可能で有り、沖縄は日本とアジアを結ぶフロントランナーとして、経済発展の牽引車となれるし、平和友好の要石として輝かしい未来が拓けるのだ。
★しかし日本政府が現状のままで、沖縄への差別を続け人権を侵害し弾圧を続けるならば、沖縄は自らの自己決定権、幸福追求の為に何をなすべきか選択肢は限られている。
対米隷属で沖縄を犠牲にして顧みない日本政府に沖縄が決別を選択する時が迫っている。民主主義と正義は沖縄に有る事を世界が注視している!。中東への出撃.gif
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★安倍首相と天皇家のルーツ(OCNブログ人)2006/10/03<追記有り>
★琉球人は日本列島の先住民族!自己決定権は最大限に尊重すべき(国連人権委員会)
★防衛大臣はオスプレイを過大評価するな!事実を直視すれば導入は間違いだ!
★欠陥機オスプレイの自衛隊配備は間違いだ!隊員の命を危険晒す責任は誰が負う!
★オスプレイは何故、歪な異形の欠陥機になったのか?海兵隊の無理な要求が奇形の原因だ!
★オスプレイは進化した未来機では無い!歪な未完成の欠陥機を何故に評価するのか?
★オスプレイ安全神話捏造に加担した沖縄タイムス!(2012/09/28)旧ブログ閉鎖で保存移転
◆金武町米軍流弾事件の考察!(2008/12/22)旧ブログ閉鎖で保存移転。
★誰も書かない東村高江区の生き地獄!凝縮された日米同盟の不条理!(2010/12/25)旧ブログ閉鎖で保存移転。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★Facebook[Isao Ooshiro]
★Twitter[Ryukyuan.isao-pw@isao_pw]
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★2014/2/15から独自ドメイン取得で統合した私のサイトです。
★09年は琉球が薩摩に侵略され奄美五島を失い苦難の歴史が始まった1609年から400年、日本国に強制併合された琉球処分から130年目の節目の年でした。
琉球人の視点からは沖縄県民が昔の大琉球の誇りを取り戻す為には未だ暫くの時間が必要です。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★私のメインテーマ琉球王国の歴史検証作業を再開しました。
◆尚王家の出自を巡る考察/其の壱
◆尚王家の出自を巡る考察/其の弐
☆この後は次回に続きます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
posted by Ryukyuan.isao-pw at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

★ハワイオアフ島でのオスプレイ墜落事故の考察!

★ハワイオアフ島でのオスプレイ墜落事故の考察!
米軍は例に依って機体に不具合は無く、飛行停止はせずに通常の訓練は継続すると言う。事故原因の究明には数ヶ月掛かると言いながら、安全性は確保されていると言うのは不合理で矛盾だ。今回の事故では数多くの目撃証言と映像で状況は明白である。
★私は従来からオスプレイに付いての問題点を指摘して来たが未だにマスコミの「新型輸送機」と言う報道に騙されて実情を知らない国民の為に改めて墜落事故の検証とオスプレイの本質的な危険性を知らしめる必要を痛感する。以前にも触れたが「ウィキペディア」のオスプレイの項目は所謂軍事オタクが書いていて信用出来ない。
ハワイの事故.gif★さて今回の事故では海兵隊のオスプレイが3機編隊で着陸地点に向かっていた。1番機と2番機は余り離れずに飛び、3番機は少し離れて飛んでいた。事故直前の映像では高度は100mぐらいから徐々に降下して着陸地点で50m前後でホバリングして1番機が着陸態勢に入った際に、猛烈な粉塵が巻き上がった。
★1番機は粉塵を避ける為にフルパワーで上昇した。続いて2番機も同様にフルパワーで上昇した事で、粉塵は更に高く広く巻き上がって3番機の行く手を遮った。粉塵の中に突っ込んだ3番機はエンジン出力が低下して上昇不能で墜落した。地上への落下速度は時速50km前後で火災が発生して爆発炎上した。
★此処までの経過で特異な事象は何も無い。事故原因は外的な要因では無くオスプレイに固有の脆弱性、欠陥である。今後どの様に改良し、操作訓練を強化してもオスプレイの機体構造に内包する危険性は除去出来ないし、事故は避けられないのが現実である。
尚、空軍仕様のCV-22と海兵隊仕様のMV-22に特別な違いは無く事故の危険性も同じだ。

◆ハワイのオスプレイ墜落死亡事故現場で、白い薬剤を散布する防護服らしきものを着ている人間が写っている
◆ここに注目!「オスプレイ事故の影響は?」津屋 尚  解説委員

★防衛大臣はオスプレイを過大評価するな!事実を直視すれば導入は間違いだ!
オスプレイの公称する性能は開発段階での海兵隊側からの過大な要求を満たす為に無理な数値を列挙しただけで実態とは乖離している。
キャビン比較図.gifさて、現実的にオスプレイと在来機を比較すればキャビンはCH-46と殆ど同じである。従って搭乗出来る兵員も同じ。貨物の積載可能な容積は逆にCH-46より僅かに狭い。自衛隊の現有機CH-47が遙かに優れている事は一目瞭然である。
航続距離もSTOLが使えないので実質的にはヘリと同じで公称の1300kmは怪しい。実態は1000km程度であろう。自衛隊のCH-47は増加タンクを着ければ2000kmも飛べる。
最大の売りである高速移動はCH-47の巡航速度270kmに対して固定翼モードの最高速度が565kmであるから約2倍である。
★欠陥機オスプレイの自衛隊配備は間違いだ!隊員の命を危険晒す責任は誰が負う!
キャビン比較.gif前回のエントリーで書いた様にオスプレイの性能は自衛隊の現有機CH-47よりも劣る。
乱気流に弱いオスプレイは悪天候時の災害救助に対応する能力は無い。固定翼モードの高速巡航時は安定しているがヘリモードでは極めて不安定だ。キャビンも狭く急患輸送には不向きだ。何よりもホバリング時の猛烈な下降気流が吹き荒れて吊り上げ救助は不可能だ。着陸地点も既存のヘリポートでは対応出来ず直径45mの着陸帯が必要だ。姿勢制御が不安定な為に荒れ地や傾斜地では極めて危険な状況に陥る。
米国海兵隊が調達したオスプレイ240機の内、所属不明とされる80機は重大事故で損傷し使用不能となっている可能性が高い。配属当初に重大事故が頻発し事故隠しが常態化して米国議会も詳細は把握していない。
これ程、欠陥の多いオスプレイを米軍の新型機という理由だけで自衛隊に導入するのは防衛大臣が無能の証明だ。防衛省の官僚も巨額予算の獲得に血道を上げて、現場の隊員の命を危険に晒す無謀な計画を傍観するな。
★オスプレイは何故、歪な異形の欠陥機になったのか?海兵隊の無理な要求が奇形の原因だ!
<危険で封印された機能!封印が解かれる時、何が起こるか!>
諸元比較図.gif★オスプレイの仕様諸元には米軍側の要求に応じる為に、現実的には無理な項目が記されている。離着陸時の燃費節約で航続距離を伸ばし、小径ローターでのヘリモードでは制限される重量物の搬送の為に、ローターを45度に傾斜させての短距離離着陸(STOL)を想定し、その際の滑走距離を480mとしている。
★しかしバランスの悪いオスプレイはヘリモードと固定翼モードの変換操作中が最も危険であり、エンジンと一体的なローターを傾斜させての運用は事故に直結する可能性が高い。事故が多発した為にコンピュータプログラムの修正、マニュアルの見直し、訓練の徹底で何とか事故を防いでいるのが現状である。
航続距離.gif★従って当面は短距離離着陸(STOL)運用は封印され実用出来ないが海兵隊側は航続距離、作戦半径を伸ばす為に封印を解きたい筈だ。ヘリモードの離着陸では貨物積載も限定され、他機種のヘリと比較しても総合的な性能が不十分で、高額の調達費用に見合わない。
★この弱点を補う筈の空中給油でもオスプレイは極めて問題含みである。ヘリモードでは185km以上の速度は出せず、固定翼モードでの失速限界は204kmである。現在の海兵隊が運用するKC-130から空中給油を受けるには200km〜250kmで巡航する必要が有るが、オスプレイには極めて不安定な速度である。
★結果的に沖縄の普天間基地では旧型のCH-46等を対象として来たKC-130空中給油機が山口県岩国基地へ移転して、オスプレイは空中給油の対象外となっている。従ってオスプレイの航続距離(実質的に)900km程度での運用となる為に、普天間から岩国そして厚木から札幌と給油ポイントを経由しての移動を繰り返す。
編隊飛行.gif★更に問題は編隊飛行である。過去の事故発生時の記録で、先行する機体が旋回する際に発生する後方気流の影響で後続機がバランスを崩して墜落した事例では双方の距離が200m近くも離れていた事も有る。事故を解析した報告書に従ってマニュアルでは後方気流の影響を受ける距離を114mとしている。
★通常の編隊飛行では機体の長さ及び機体の幅に相当する間隔を開けて飛べば安全とされている。そしてパイロットは如何にして近接して飛べるかを競うのが腕自慢の証である。自衛隊の戦闘機でも双方の間隔が主翼端から2mに近接して飛んでいる事もある。
★マニュアルの記載がどうなっているか知る由もないが、オスプレイの場合は双方の間隔がどんなに離れていても絶対に安全とは言い難いのである。そう言うことを考えると編隊飛行訓練が始まっている普天間基地のオスプレイの動静を注視せざるを得ない。
★空を飛ぶ航空機は固定翼機もヘリもエンジンのパワーで空気を受けて揚力を得ている。固定翼機は前進するスピードで主翼に風を受けて飛ぶ。エンジンが停止した場合も或る程度の速度が維持できればグライダーの様に滑空して少しでも安全な場所まで移動出来る。
★その際に主翼面積と機体重量の比率(面積荷重)で滑空能力が決まるが、オスプレイの場合は面積荷重が大き過ぎて滑空能力は極めて限定的だ。ヘリコプターは回転するローターで風を受けて揚力を発生する。エンジンが停止した場合はローターのロックを解除して機体が落下する速度で風を受けて逆回転させた後に、ローターの角度(ピッチ)を水平に近くする事で落下速度を遅らせるブレーキとして利用する。
オートローテーション.gif★この機能をオートローテーションと言うが、これは主翼を持たないヘリの緊急時の命綱と言うべき機能で、ヘリのパイロットには必修の操縦技能である。この場合にもローター直径と回転面積に対する機体重量の比率(面積荷重)で滑空能力が決まる。例えば旧型のCH-46では巡航高度330mからオートローテーション機能で270mの水平移動が可能とされている。
★しかしオスプレイは固定翼モードの巡航高度550mからヘリモードへの変換に12秒を要し、その間に機体は480m以上も落下する。この時の落下速度が時速144km以上に達してオートローテーション機能が働いた場合も時速96km以下には減速出来ない。従って事実上、安全な場所への水平移動は不可能である。
★以上の事からオスプレイはエンジン停止時の墜落回避策が事実上存在せず、重大事故が防げないのである。基本的にバランスが悪く不安定な重い機体が小径ローターの高速回転に頼って飛ぶのであり、自衛隊の現有機CH-47よりもキャビンが狭く航続距離も短く、乱気流に弱くて平坦な地形以外ではホバリングも安定しない。
★オスプレイを進化した未来機、米軍の最新鋭機などと馬鹿げた理由で巨額の費用で自衛隊に導入するのは、国家予算の浪費であると同時に自衛隊員を危険に晒す狂気の沙汰と言わざるを得ない。
★オスプレイ安全神話捏造に加担した沖縄タイムス!
★どうする普天間?あらゆる選択肢を徹底検証!

posted by Ryukyuan.isao-pw at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | オスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする